寒くて、雪の多かった2月の北海道、ようやく温かさを覚える季節を迎えられるようになりました。3月の声を聴くと一層春の陽気が暖かく感じるのです、雪解けが進み、道路のわきの草が見えてくると、道は夏と変わらないように、乾燥した路面になって走りやすくなっています。そして、周りの畑には融雪剤が撒かれ、白一色の世界から、黒い世界へと変わり、もう過ごしで、黒い土が出て、そこから上がる蒸気が、土の匂いを、届けてくれそうです。本州からは桜の便りも届く今日この頃、北海道も、この勢いで雪が融けると桜も早くかいかしそうな予感がします、、しかし北海道桜の本格的な開花までは、まだ二月あるのです、これからの二月は春に向けて速足の二月です、耐え忍んできた冬が終わり、花々が咲き乱れる暖かな春を待っていた、私たちには、この時期はウキウキの気分になれるのです。日が長くなりお日様の光も力強くなってきた今日この頃に思うことなのです。http://www.entropy64.com/musee-hanashita.html